調理方法

世界で推奨する妊娠中の葉酸摂取量

一般の方や妊婦さん、葉酸を摂取することはとても大切な事とされています。
そこで、そもそも葉酸とは何かについてや、摂取量はどのくらいがいいのかについて詳しく説明をしていきたいと思います。

葉酸はビタミンB群の仲間とされています。
一般の方はもちろん、特に妊婦さんにとってはお腹の中の赤ちゃんにとっても栄養がいきわたるということで勧められている食べ物となっています。

葉酸とは葉物をはじめとする緑黄色野菜や豆類、レバーなどに含まれています。
細胞分裂に必要不可欠な栄養素となっており、血を作るビタミンとも言われていますので、とても大切な栄養素となっています。

そんな大切な栄養素ですが、では世界で推奨する妊娠中の摂取量はどのくらいがいいのかについて説明します。
まずは一般の方ですが、15歳以上の方で大体一日に200マイクログラム摂取すると言いとされています。
では妊娠中の方はどのくらい摂取するのがいいかというと、大体一日に400マイクログラム摂取するといいとされています。
400マイクログラムと言われてもイメージがわきにくいと思いますので、ほうれん草のおひたしをどのくらい食べることで400マイクログラムに達するのか説明をしたいと思います。
おひたしにすると大体800グラムを食べないと400マイクログラムには達しません。
おひたしを800グラム食べるとなると大変ですよね。
食べきれたとしても毎日は飽きてしまうものです。

そこで世界でも勧められているのは葉酸サプリメントです。
サプリメントでは妊婦さんが毎日摂取をしたい400マイクログラムをカプセルだけで摂ることができるのです。
妊婦さんの場合は摂取量もとても多いので、サプリメントをうまく使いながら葉酸を摂取するようにしましょう。

世界で推奨する妊娠中の葉酸摂取量について大体お分かりいただけましたでしょうか。
15歳以上の一般の方は大体200マイクログラムとなり、妊婦さんの場合は400マイクログラムが一番推奨されている数値です。
妊婦さんの場合は摂取量も多くなりますので、なるべくサプリメントを使用して摂取することをお勧めします。