調理方法

平均的な食事から得られる葉酸の量は

一度の食事でどのぐらいの葉酸を摂取することができるのでしょうか。
それは食事の内容で変わってくるのです。
さらに調理方法でも変わってくるのでそれぞれの家庭で異なってきます。
今回はどの食材にどのぐらい含まれているのか、だいたいどのぐらい1日で摂取することができるのかを考えていきたいと思います。

人間は1日でどのぐらいの葉酸を摂取しなければならないのでしょうか。
成人の人で1日240ug摂取しなければならないとされています。
食事から摂るのが基本ですが、今ではサプリメント等も販売されているので意識していればその成分を摂取できます。
しかし、せっかくなら食事だけで摂取したいと思いますよね。
ここからはどの食材が多くの葉酸を含むのかを見ていこうと思います。

葉酸が多く含まれている第一位の食材は鶏のレバーです。鶏のレバーには1300ug含まれており、効率的に摂取することができます。
しかし、鶏のレバーはそう簡単にスーパー等で手に入れることができません。
手に入れられたとしても値段が高い場合もあります。

牛のレバーにも1000ug含まれています。
牛のレバーなら手に入りやすく効率的に摂取することができるのです。
しかし、レバーの欠点は値段が高く、嫌いな人も多いのではないでしょうか。
レバーが苦手な方にとってみれば、いくらこの成分が摂れるからと言って嫌いな食べ物を口に入れたくないですうよね。

そこでお勧めするのは枝豆です。枝豆はレバーに比べて葉酸があまり含まれていません。
しかし、枝豆には260ugも含まれているのです。
枝豆は子供からお年寄りまで人気の高い食べ物です。
男性であればビールのつまみにと考える人は多いのではないでしょうか。
無理に嫌いな食べ物を食べず、好きな食べものから葉酸を摂るようにしましょう。

葉酸は摂取しづらい成分ではありません。
普段の食事から気軽に摂取することができるのです。
嫌いな食べ物から摂取する必要は全くありません。
好きな食べ物から1日摂取しなければならない240ugを摂取すればいいのでしょう。