調理方法

妊娠してからでは遅い!早めに葉酸摂取

妊娠をしたと分かった場合、すぐに葉酸を摂取する。
これではもう手遅れとなってしまうのでしょうか。
今回は妊娠してから摂取をすることは手遅れなのかについて詳しく説明をしていきたいと思います。

妊娠をしたと分かった場合、多くの方はこの段階で栄養を摂ろうと必死になります。
しかし、結論から言いますとこの方法は間違っているのです。
妊娠をする前から定期的に葉酸を摂取することで自分自身にも体の赤ちゃんにも意味のあることになるのです。
今回はこのことについて詳しく説明をします。

葉酸というのは妊婦さんにとって妊娠期に必要な栄養素となるのです。
その理由は赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大事になるからです。
そのため、妊娠が発覚してから摂ろうとしても手遅れとなってしまいます。
この栄養素は消耗品みたいな感じで摂取を怠るとどんどん体内から不足していきます。
妊娠が分かり赤ちゃんが脳や神経を作るまでが3か月と言われています。
その間は葉酸が必要不可欠となりますので、妊娠が発覚する前々から常にこの栄養素を摂取する必要があるのです。
妊婦さんの体内にこの栄養素があまりにも不足していると、赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるので、確実に摂取をすることをお勧めします。

妊娠前の摂取量というのは成人女性で大体一日240マイクログラムと言われています。
一日にこれくらいの葉酸を摂取しておけば問題ないと思います。
妊娠をすると摂取量というのは変わり、大体一日に400マイクログラムと言われています。
この量はなかなか多いので、そんなにも食事をすることができない方は葉酸サプリメントをお勧めします。
サプリメントを摂取することで、一日に摂取したい栄養素をしっかりと摂ることができます。

葉酸は常に日頃から摂取をするように心掛けておきましょう。
妊娠してからでは手遅れということになってしまうので、妊娠前から摂取をしておきましょう。
妊娠後は摂取量が増えるので、サプリメントを有効活用することで、健康な身体を維持することができます。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください。
葉酸欠乏症の原因